カルキの取り方 最終編

ヨーロッパは、どうしても日本よりカルキが強く、肌や髪もごわごわ・・・
掃除もマメにしないといけません。

アントワープ市内の水質は、意外にも、そんなに硬くなく、
洗濯機には、Calgonなどを入れなくても大丈夫と言われています。

さて、マメに掃除をしていても、蛇口の口部分など、カルキが固まってしまうこともあるはず。
カルキ用の洗剤で磨く、酢につけるなど、いろいろな方法があると思います。

が、それでも取れなかった場合、最終兵器として使用するのが、カッター
お掃除の業者の方が、カッターで少しずつ削っていき、きれいに除去してくれました。
傷がつくか心配でしたが、全く問題ありません。

マメにお掃除をすることをお薦めしますが、どうしても取れないという場合、
引越しの引渡し時の最終掃除などに、使ってみてください。
なお、怪我や傷がついてしまった場合の、責任は負いかねますので、
十分注意して行ってください。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-06-01 17:11 | アントワープ生活 マメ知識


<< トイレの便座ふき(掃除用) 冬の雪かきについて >>