<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日曜のAMは静かに・・・

カトリックの国であるベルギーでは、日曜は一部のスーパーや花屋、パン屋をのぞいて
全面的に休みになります

家にいたとしても、静かに過ごすことが大切です。

マンションの構造や、近隣の方にもよりますが、
掃除、洗濯など、音が響くものはなるべく避けましょう
ただ、地域によっては、土日は電気代が安いという場合もあるようです。

また、日曜、夜遅くのホームパーティで、
うるさくなることが予想される場合、事前に手紙で知らせましょう
同じマンションの方に、そのような手紙をいただいたことがあったのですが、
「もし、良かったら、ウェルカムドリンクがあるので、どうぞ!」と書いてあり、
行くべきか悩みましたが、一応建前のようです。

以前、上の階の人が深夜までホームパーティをしていて、にぎやかだったのですが、
次の日には、「Sorry」というメッセージカードと共に、ワインが玄関先に置かれていました。
こういう心配り、真似したいですね。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-06-01 03:45 | アントワープ生活 マメ知識

縮んだニットの活用法

慣れない洗濯機で、縮んでしまったニットたち。
サイズが小さくなっただけだけど、お子さんに着せるには、固くて無理。

そんな時は、この方法を使ってください。

縮んでしまったニットを、もう一度洗って、より縮ませましょう。
フェルト状になるので、はさみを入れても、ほつれなくなります。
また、手縫いで縫っても、毛羽立っているので、縫い目のアラが見えません。

これを利用して、ティーポット敷きやクマのぬいぐるみを作っても・・・。
きれいな色のニットであれば、クリスマスのオーナメントもステキです。
袖の部分に綿を入れて縫って、ブーツスタンドにしても、良いでしょう。
余った端切れは、茶渋を洗うのに、最適です。
[PR]
by eri-ono | 2010-06-01 03:30 | アントワープ生活 マメ知識

ラップが使いづらい!

日本のラップの性能は、ずば抜けて良いのだなということを
海外にいると思い知らされます。

まず、日本のものは、切り口がシャープで、
フィルム自体も厚く、CMのように簡単に切れます

ベルギーのラップは、薄ーく、くっつくとはがれにくい
はさみで切る人、引きちぎる人、様々いらっしゃると思います。
日本のラップを大量買いしている方もいました。

ベルギーで、日本のラップを買うと、やはり2倍以上の値段はします。
消耗品だし、ブリュッセルまで毎回買いに行くのは、めんどくさい。
そんな方は、ラップの箱だけ日本製のものにし、中身を入れ替えるという方法を
試してみてください。
ラップの大きさは、日本のものと、そう変わりはなく、問題ないと思います。

ただ、2年以上も使っていると、さすがにシャープだった刃も鈍くなってくるので、
買い替えは必要です。
[PR]
by eri-ono | 2010-06-01 03:21 | アントワープ生活 マメ知識

雨が多い!

ヨーロッパは、雨が多い気がしますが、年間降水量は、日本の方が多いです。
日本のように、台風や嵐のような激しい雨は少ないのですが、
しとしと降ったり止んだりしているので、曇りの日は、多いように感じます。

日本から来た方も、始めは大きい傘をさしていましたが、
そのうち面倒になり、折り畳み傘を持ち歩くようになります。
もっと慣れてくると、帽子をかぶってしのいだり、雨が通り過ぎるまで、雨宿りをしたり・・・。

日本製の折り畳み傘は、ベルギーの傘よりも、丈夫ですが、
それでもやはり、出番が多いため、1年もちません。
こちらで生活をする方は、折り畳み傘を数本用意すると良いと思います。

逆に、大きい傘は、そんなに出番はないですし、1年この地で過ごすと、
太陽が恋しくなり、日傘は全く必要なくなります。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-06-01 03:06 | アントワープ生活 マメ知識

IHの掃除の仕方

IHの掃除は、ガス台と違って、拭くだけと簡単ですが、それでも日々使い続けて行くと
うっすらと輪っか状に、油や吹き零れの後がつきます。
洗剤やスポンジでこすってもだめな場合は、カッターで削るときれいに!

傷がつくのではと心配な方は、カッターの刃をなるべく横からすべらすように、
表面を軽くそぎ取るようにすると、簡単に取れます。
専用のカッターが売っているので、試してみましょう。
f0234348_0375373.jpg


2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-06-01 00:38 | アントワープ生活 マメ知識

塩辛いベーコン

朝食のスクランブルエッグに入れたり、カルボナーラに使ったりと
何かと重宝するベーコンですが、日本のものに比べて味が塩辛いです。
フランスでは、薄味のベーコンも売っているのですが、
ベルギーでは、natuur(ナチュラル)とfume(スモーク)のみの分類のようです。
調理に使う際は、薄めに味付けしましょう。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-06-01 00:26 | アントワープ生活 マメ知識