タグ:バス・トラム ( 5 ) タグの人気記事

バスの乗り方

トラムの乗り方は、以前、こちらに書きましたが、
バスも、トラムと同様、同じトラムカード(チケット)を使います。

チケットマシーンの使い方も、全く一緒です。
ただ、トラムは、車両のどこからも乗り降り自由でしたが、
バスは、前のドライバーのところから乗りこまないと罰金を取られてしまいます。
(ベビーカーなどやむ終えない事情の場合は除く)
ちなみに、降りる時は、どこでも大丈夫です。

街中を走るトラムと違って、バスは郊外に行くに連れバス停で待つのが
一人なんてことも。
その場合、バスが来た際に、手をあげるなど、「乗る意思」を伝えましょう。
そのまま通りすぎてしまうことがあります。

また、青のStopボタンを押していたのに、ドライバーがうっかりして、
バス停をとばすこともあります。
その場合、大きな声で、「Hello!!!!」と声をかけましょう。
たびたびこのようなハプニング(?)はあるので、周りの乗客も、
ドライバーに声をかけ手伝ってくれます。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-04-10 07:51 | バス・トラム・電車情報

バス・トラムの時刻表

バスは、路線にもよりますが、Brasschaat行きだと、通常20分に1本くらいです。
1本逃すと、他の交通手段が無い場合は、大変です。
時刻表を活用しましょう。

De lijnのHP http://www.delijn.be/index.htmの一番左上にある、
REISINFORMATIE(旅行)の3番目、Dienstregeling(スケジュール)を
クリックします。

バス・トラムの番号を知っている場合
 3つの枠の一番下、ofwel op basis van lijnnummer にある、lijnnummer(ナンバー)
 に、バス・トラムの番号を入れます。
 たとえば、Brasschaat行きだと、640といれる。

バス・トラムの番号を知らない場合
 同じく、3つの枠の一番上、in gemeenteに、地区の名前を入れます。
 たとえば、BRASSCHAATといれる。

その下の、カレンダーより、日程を選び、右下のZoekenを押すと、
画面が変わり、バス・トラムの詳細が出てくるので、該当のdownloadと押すと、
PDFの表が出てきます。
たとえば、こんな感じ

時間帯や、上り、下りを、タスクバーにある← →で進んでください。
通常、その区間の上り(郊外→街中)が前ページにあり、下り(街中→郊外)の方が後ろページに
あるようです。

なお、ドライバーにもよるのですが、トラムは一度ドアが閉まっても頼むと開けてくれるなど、
融通が利きますが、ターミナルから出るバスは、時間きっかり、たまに1分前くらいに出発します。
お気をつけください。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-04-10 07:08 | バス・トラム・電車情報

バス・トラムの路線図と時刻表

バス・トラムの路線図は、インフォメーションでも手にはりますが、
ネットでも調べられます。

バス・トラムの路線図 PDF
 http://www.delijn.be/images/netplan_antwerpen_042009_tcm7-1664.pdf
 縮図になっているので、タスクバーにある、+を使って、
 拡大しましょう。

個人的には、あまり見やすくはないので、地図を手に入れたほうが良いかと思います。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-04-10 06:43 | バス・トラム・電車情報

トラムの乗り方

それでは、実際にバス・トラムに乗ってみましょう。

まずは、トラムの乗り方です。
トラムは、バスとちがって、どこのドアからも乗ることができます。

トラムの中に入ると、チケットを切る黄色のチケットマシーンがあります。
上のチケット入れに、トラムカード(チケット)挿し、
ゾーンのボタン(1~10までのボタン)のいずれかを押します。
アントワープ市内だと1、少し郊外だと2と行った感じです。
ゾーンが分からない場合は、初めは、ドライバーに行き先を伝え、
ドライバーの近くのマシーンに入れましょう。
(ちなみに、ゾーン1,2とも、金額は変わらず、0.8€です)

トラムカードの裏には、今日の日付、乗った時間が刻印されます。
その1時間以内であれば、乗り換え可能です。
乗り換えた場合も、同じく、チケットマシーンに挿します。
たまに、受け付けないマシーンもあるので、その場合は、ドライバーに言いましょう。

次のバス停で降りるときは、青のStopボタンを押します。
車種にもよるますが、止まったら、ドアにある黄色のボタンを押すと、
ドアが開きます。

降りる人が先、乗る人は後といった感じですが、そんなにきっちり決まっていません。
また、ベビーカーの方がいたら、皆さん乗るのを手伝ってあげています。
日本人は、相手の立場にたつ文化のため、人の手を煩わせることを嫌いますが、
こちらでは、お手伝いする方もされる方も、当たり前のこと。
是非、お手伝いしてあげましょう。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-04-10 04:50 | バス・トラム・電車情報

バス・トラムのチケットを購入しよう!

アントワープ市内は、歩いてどこにでも行けますが、
バス・トラムを利用すると、行動範囲が広がります。
是非、活用しましょう。

アントワープのバス・トラムは、黄色のDe lijnと呼ばれる交通機関です。
http://www.delijn.be/index.htm
De lijnとは、フランダース政府が提供する公共機関で、
ワロン地方はグリーンの別のバス・トラムが走っています。
このDe lijnのバス・トラムであれば、同じチケットで乗ることができます。

まずは、チケットを購入しましょう。
中にいるドライバーからの、購入も可能ですが、1.2€/1回(1時間乗り換え放題)と割り高です。
10回券は、Roosevelt plaatsのバスターミナル以外、
Press shop(街のキオスクのような店)や、
Delhaizeなどのスーパーの窓口、インフォメーションで、販売しています。
8€/10回(1回、0.8€ 1時間乗り換え放題)とお得です。
基本的に有効期限はありません。

バスターミナルの切符自販機は、仏語、蘭語のみなので、
慣れてない方は、Press Shopやスーパーでの購入をお薦めします。
窓口で、「10times tram card」と言えば、通じます。

2010年4月現在
[PR]
by eri-ono | 2010-04-09 20:31 | バス・トラム・電車情報